スマホを見ている自分を見てみる

便利な物は、便利に扱いましょう。

便利な物に、便利に扱われては、本末転倒です。

例えばアプリの〈通知〉機能。

あなたが便利だと思って、通知機能を活用していますが。

実際は、アプリの方が「あなたを呼び出すのに便利」だから活用しています。

例えばアプリの〈未読件数表示〉機能。

あなたが、未読をためる派/ためない派に関わらず、あなたはその表示の確認によって、氣付かないストレスを受けています。

それを「設定を見直したほうが良い」とか「整理した方が良い」ということではありません。

スマホを見ている自分を見てみましょう。

一歩引いた視点で見てみると、あなたはあなたによって、氣が付けるかもしれません。

コメントを残す